プラッツ 1/72 航空自衛隊 T-2 CCV研究機 飛行開発実験団 プラモデル AC-19

【実機について】1970年代後半、防衛庁技術研究本部では将来の戦闘機に必須の技術であるフライ・バイ・ワイヤ(FBW)をベースにしたCCV(Control Configured Vehicle)の研究を行なってきました。その技術実証機として選ばれたのがT-2の試作3号機です。T-2 CCVは1983年に初飛行を行い、翌年の1984年に防衛庁へ引き渡され1986年までの2年間、各種試験が実施されました。白と赤を基調としたカラーリングに水平/垂直カナード、大型化したアクチュエーターを収容するためのフェアリングが主翼下に装備されているのが外観上の大きな特徴です。飛行実験団運用時には垂直カナードに同団のマークが描かれていました。【モデルについて】カナードが特徴的な、航空自衛隊T-2のCCV研究機をモデル化。外観上の大きな特徴である水平/垂直カナード、主翼下に装備されている大型化したアクチュエーターを収容するためのフェアリングは、もちろん緻密に再現!機体全体に描かれた赤いラインや飛行実験団運用時に垂直カナードに入っていた同団のマークなどを高品質のカルトグラフ製デカールに収録。赤いラ